スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

岡山で、今年初めてのいちご狩り

IMG_7480_b.jpg
1月最初の三連休、岡山に行ってきました。

お正月3日に、ひなを連れて、
ドッグランへ遊びに行ったら、
ひなのお友達のビーグルくん、びーちゃんに会えました。

その時に、岡山におもしろいドッグランがあるよ♪
と教えてもらって、さっそく次のお休みに出かけたのでした。

で、そのドッグランへ向かう途中に、
いちご狩りの看板が 笑

12月から5月末までやってらっしゃる!
長いですねー♪


IMG_7978_b.jpg
ドッグランへ行った後で、引き返してきました 笑

美作農園さんのいちご狩りは、
腰をかがめなくてもいいんですね。
これは動きやすいですよ♪

この日は、お客さんも少なめだったので、
全然問題なかったのですが、
春先になると、いちご狩りは大人気!

1つのレーンにたくさんの人達が並び、
みんなが腰をかがめていたら、
通路を行き来するのも大変なんです。

この方式なら、人が後ろを通る時にも、
さっとよけられます。


IMG_9243_b.jpg
ハウスの中には、章姫、紅ほっぺ、
かおりの、おいCベリーの4種類があります。

4種類が一度に味わえるのは、
めずらしいかもしれません。


IMG_9288_b.jpg
どれもおいしかったけれど、
やっぱりいちばんのお気に入りは紅ほっぺ

甘みがいちばん強かったのと、
いちごには大切な酸味もしっかりあって、
バランスがとてもよかったです。


IMG_7704_b.jpg
いちごの花。

こんなに白くてかわいい花が咲くんですよ♪

いちご狩りは、小さなこどもちゃんたちにも、
いちごがどんなふうに育つかを
知っていただく絶好のチャンス☆

これから春先に向けて、
いちご狩りができる農園も増えると思いますので、
ぜひお休みの日に、
ご家族でおでかけしてみてはいかがでしょうか。


IMG_5875_b_20160204234542b35.jpg
フルーツ狩りは、その場で食べ放題なのはうれしいけれど、
持ち帰りができないのが残念ですよね。

いちごハウスのすぐそばに、
直売所があって、いちごを購入することができます。


昨年、いちご狩りに行った兵庫県明石市の農園さんでは、
小さなパックを渡してくださって、
お持ち帰りもOKでした。

ほんの少しだけれど、自分で摘み取ったものを
持ち帰ることができるのは、
実はとってもうれしいことなんですよね。

ぜひ他の農園さんでも、
このシステムを取り入れていただきたいなぁ。

いちご狩り、シーズン中に、
あと何回か、行くと思います 笑


日本ブログ村のブログランキングに参加しています。
下記のバナーをぽちっとクリックで応援してくださいね♪

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Tag:農園訪問記  comment:0 

次世代の大規模トマトハウス【兵庫ネクストファーム】

IMG_9604_b.jpg
2016年最初の農園訪問は、
兵庫県加古川市にある兵庫ネクストファームさんへ。

ベジフルサポーターとして活動させていただいている
安心・安全の青果物流通をめざす
アグリ物流専門企業
株式会社まつのの松野社長の農園視察に、
ベジフルサポーター仲間さんと一緒に、
同行させていただきました。


IMG_9538_b.jpg
トマトハウスは2棟あり、
栽培面積は3.6ヘクタールで、天井の高さは6メートル!

日本最大級の規模を誇ります。


IMG_9541_b.jpg
最新型のトマト栽培施設で、
温度や湿度、光、二酸化酸素など、
栽培環境を最適に保つために、
統合環境制御技術を導入。

溶液化した肥料が、水と一緒に
自動的に補給されるシステムで、
水や栄養成分は適量をキープ。


IMG_9526_b.jpg
ミニトマトのスプラッシュ

甘味が強く感じられますが、
酸味とのバランスも抜群!

トマトのおいしさは、甘さだけではなく、
ほどよい酸味があって、
初めて際立つものなんですね。

ミニトマトは皮がかたくなりがちなのですが、
こちらのスプラッシュは皮もやわらかく、
食べやすいのも人気の秘密。


IMG_9557_b.jpg
大玉トマトは、ハウス桃太郎を栽培されています。

あまりの大きさに、うれしくなって、
写真をパチリと♪


日本がTPP交渉への正式参加を表明し、
今後、農業を取り巻く環境は、
大きく様変わりするのでは・・・との懸念も広がっています。

日本が誇る農業の高度な技術力を駆使し、
国内の農業が衰退することなく、
チカラを発揮していけるような
環境づくりも大切ですね。

兵庫ネクストファームさんは、
次世代の大規模トマトハウスとして、
今後の活動にも注目が集まっています。


兵庫ネクストファームさんでの視察の様子は、
株式会社まつの ベジフルサポーターブログ
~We like vegetables!~
でもご紹介しています。

ぜひご覧くださいね。
↓↓↓↓↓
次世代の大規模トマトハウス【兵庫ネクストファーム】



日本ブログ村のブログランキングに参加しています。
下記のバナーをぽちっとクリックで応援してくださいね♪

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

Tag:農園訪問記  comment:0 

日本三大ねぎ☆兵庫県産「岩津ねぎ」ヌーボー解禁!

IMG_2369_b.jpg
11月23日(祝)、兵庫県朝来市では、
岩津ねぎが解禁され、一斉に販売が開始されました。

ヌーボーはボージョレだけではないのです。
オネギの新物だって、もちろんヌーボー(笑)

岩津ねぎは、日本三大ねぎのひとつに数えられているオネギなんですよ☆

解禁日には、朝来市の道の駅
但馬のまほろば」で、販売促進イベントが
開催されていました。


DSC_7077_b.jpg
群馬県の下仁田ねぎ、
福岡・博多の万能ねぎとならんで、
日本三大ねぎにその名を連ねる岩津ねぎは、
根深ねぎ(白ねぎ)の一種。

関西はどちらかといえば、
京都の九条ねぎのような葉ねぎ(青ねぎ)を、
薬味として使うことが多いですよね。

兵庫県産の根深ねぎ「岩津ねぎ」については、
兵庫県民のあいだでも、
あまり知名度は高くないかもしれません。


DSC_7082_b.jpg
岩津ねぎは、生産組合で採取した種だけを使用して、
ずっとブランドを守り続ける徹底管理で、
栽培農家も兵庫県朝来市周辺に限られているので、
希少価値の高い作物なんですね。


DSC_7073_b.jpg
5年ほど前からは、東京の市場へも
出荷されるようになり、
関東方面でも、岩津ねぎ
出会うチャンスがあるかもしれませんね。


岩津ねぎについては、
株式まつのベジフルサポーターブログで、
ご紹介させていただいています。

ぜひこちらからご覧くださいね。
↓↓↓↓↓
まつのブログ~We like vegetables!~


日本ブログ村のブログランキングに参加しています。
下記のバナーをぽちっとクリックで応援してくださいね♪

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

Tag:農園訪問記  comment:0 

完熟してもグリーン!和歌山県産のアボカド




IMG_8165_b.jpg
みなさん、アボカドはお好きですか?

私が初めてアボカドを食べたのは、
実は今から25年ぐらい前のお話です。

たまたまスーパーで売られていたアボカドを
購入して食べたのが初めてでした。

25年も前から、アボカドが売られていたことに、
ちょっとびっくりしませんか?

今ではすっかりおなじみになったアボカドですが、
そのほとんどは外国産。

ところが、日本でもすでに30年も前から、
アボカドの栽培を手がける農家さんがあるんです☆




DSC_9237_b.jpg
和歌山県海南市下津町の橋爪農園さんで栽培されている
ベーコン種のアボカドは、皮がつるりとしていて、
完熟してもきれいなグリーンのまま!

アボカドは脂肪分が多く、栄養価もたっぷりですが、
甘さをほとんど感じないので、
野菜だと思っているかたも多いのではないでしょうか?

実は、アボカドは木に生る果実!

分類学上は果物なんですよ♪

橋爪農園さんのアボカドは、
無農薬・有機肥料で育てられていて、
安心して食べていただけるのも、おすすめポイント☆


和歌山産のアボカドについては、
私がベジフルサポーターをさせていただいている
株式会社まつの ベジフルサポーターブログ
We like vegetables!】でご紹介しています。

ぜひご覧くださいね♪
↓↓↓↓↓
【和歌山県】完熟してもグリーン!美肌美人のアボカド



日本ブログ村のブログランキングに参加しています。
下記のバナーをぽちっとクリックで応援してくださいね♪

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

Tag:農園訪問記  comment:0 

丹波篠山の黒豆の枝豆、まもなくシーズン終了!

o0567037712741436884.jpg
兵庫を代表する特産品、
丹波篠山の黒豆の枝豆は、10月5日に解禁となりました。

黒豆の枝豆が楽しめるのは、10月中の約3週間の間だけ。
いよいよ10月末で、シーズン終了となります。

黒豆が成熟する前の若莢を収穫するのが枝豆で、
この時期を過ぎると、どんどん色が黒くなり、
12月頃には黒豆として収穫されるんです。

一般的な枝豆も、大豆の未熟な若莢を収穫したものなんですよ。


o0425060512741436880.jpg
以前、丹波篠山で黒豆の枝豆狩りを体験してきました。
その時の様子を、株式まつのベジフルサポーターブログで、
ご紹介させていただいています。

枝豆狩りは、黒豆畑で枝を切り取ってからが大変な作業!
こんもり茂った葉っぱや枝を取り除き、
持ち帰れるぐらいのサイズに整えていくのが、
けっこう時間がかかるのです。


o0425058712741436883.jpg
私が行った時は、枝を切り取った時点で、
けっこう大粒の雨が降ってきました。

あわてて母の分も枝を切り、
大きな枝を2株分、車のトランクに詰め込んで持ち帰り、
実家で母と2人、1時間程度かかって
枝豆を枝から外しました。なかなか大変でした(笑)

その様子は、ぜひこちらからご覧くださいね。
↓↓↓↓↓
まつのブログ~We like vegetables!~



日本ブログ村のブログランキングに参加しています。
下記のバナーをぽちっとクリックで応援してくださいね♪

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

Tag:農園訪問記  comment:0 

プロフィール

野菜ソムリエRie

Author:野菜ソムリエRie
野菜ソムリエ・フリーライターRieが綴る、とっておきのベジフルストーリー。野菜や果物にまつわる楽しいお話をお届けします。

最新コメント
フリーエリア
ブログランキング参加中♪
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。